大塚直之『ポケットの中のジョージ』

福岡を中心に活動を続けるシンガーソングライター「大塚直之」のソロ名義では通算三枚となるスタジオアルバム。ギター、ベース、ドラムだけのシンプルな演奏は生々しくエモーショナル。随所にボブディラン、ザ・バンド、トム・ウェイツらの影響が色濃くちりばめられている。

【アーティスト紹介】
1964年下関市に生まれる。福岡に移住後、80年代後半から90年代にかけて博多を代表するオリジナルロックバンド「ジャグ&ブギーボックス」で活躍。解散後もロックンロール、ブルース、ソウルをはじめ多様な音楽性で弾き語り、バンド、アカペラグループなどでライブ活動を続ける。ボブ・ディランやザ・バンド、トム・ウェイツらに影響を受けた生々しい歌とサウンドが持ち味。

近年ではソロ名義で2014年に「UFOが町へやって来た」2017年に「バナナキングがいる町で」2018年にはアコースティックユニットのオーケーズで「Brand New RevelHippy」をCDリリースしている。

【曲目リスト】
1. おじいさんのライオン
2. かかって来い世界  
3. Old Black Joe〜裸のJOE
4. TRAIN SONG
5. カーニバル 
6. 酒が足りんとです
7. CAPTAIN SONG
8. 明日の一歩
9. BOOGIE DAYS
10. Small Town Waltz〜Fanny Power
型番 SOUL-0005
販売価格 1,818円(税込2,000円)
購入数

発売日

※弊社から注文完了のメールやお知らせをお送りしますので、『agalta.net』をドメイン指定解除の上ご注文をお願いいたします。

キャンペーン










TOP