下川れいこ『古楽アンサンブルとモダンピアノの響演』

国際派ピアニスト下川れいこと古楽界で活躍する弦楽器奏者5名によるベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番室内楽版(編曲:南聡)。古楽器の弦楽アンサンブルとモダンピアノ6重奏による斬新な試みで、新しい化学反応が生まれる!
ピアノ6重奏でのタレルガ:アルハンブラの思い出(編曲:宮崎隆)や、ピアノソロのラフマニノフ:ヴォカリーズ、ライブ録音のガーシュイン:サマータイムなど下川れいこの魅力が満載!

【アーティスト紹介】
ピアニスト下川れいこは、イギリスの英国王立音楽大学(B.Mus.音楽学士)、ギルドホール、カナダのヴィクトリア大学(M.Mus.音楽修士)、ブリティッシュコロンビア大学(演奏ディプロマ)等で研鑽を積んだ。
オーケストラとの共演は、ブタペストコンサート交響楽団とシューマンピアノ協奏曲、大阪シンフォニカー交響楽団(現:大阪交響楽団)とアルベニスピアノ協奏曲1番、モーツァルト室内管弦楽団とショパンピアノ協奏曲1番、米国ツーソンレパートリーオーケストラ(指揮:田川徹)とチャイコフスキーピアノ協奏曲1番、ベートーヴェンピアノ協奏曲5番等、国際的に活躍。
メディア出演は、カナダCBCラジオ、米国ツーソンモーニングブレンドTV等。
近年は、チェンバロを再開し古楽からタンゴに至るまで活動の幅を広げる。古楽アンサンブルには、古楽界で高い評価を得ているヴァイオリン廣海史帆および堀内由紀、ヴィオラ伴野剛、チェロ山本徹、コントラバス角谷朋紀を迎えた。イタリア人アコーディオン奏者Giuseppe Sciglianoとのタンゴの風公演では「タンゴの熱気を伝えるピアニスト」(生田美子・ショパン2016年6月号)と評される。
型番 SMS-S190706
販売価格 3,000円(税込3,240円)
購入数

発売日

※弊社から注文完了のメールやお知らせをお送りしますので、『agalta.net』をドメイン指定解除の上ご注文をお願いいたします。

キャンペーン












TOP